短い期間を選択しよう

違約金を支払わないように期間を設定しよう

OA機器をリースすることが決まったら、期間を選択します。
自分で決められますが、期間内は途中でOA機器が必要ないと思っても、簡単に解約できないので注意してください。
例え使っていなくても、その間の費用は支払い続けることになります。
本当に使う期間を見極めてください。

どうしても解約したい時は、それぞれの代理店によってルールが変わりますが、大抵は違約金が発生します。
また残っている費用を一括で支払えたら解約ができる代理店も存在するので、事前に途中で解約したい時のルールを把握することをおすすめします。
このような事態に陥らないよう、短い年数を選択すると良いですね。
期間が終了してから、再び同じOA機器を使う契約を交わすこともできます。

最新OA機器を使うコツ

短い期間を契約することで、最新型のOA機器に切り替えやすくなります。
リース業者は頻繁に最新型のOA機器を導入しているので、そちらを使いたくなったら期間が終了した時に、新しく契約を交わしてください。
最新型のOA機器は、機能が豊富だというメリットがあります。
これまでよりも快適に、仕事を進められるでしょう。

最初にOA機器を買った場合は、気軽に最新型に切り替えることができません。
ずっと同じOA機器を使い続けるのが嫌な人は、リースを選択しましょう。
定期的にOA機器を変えることで、新鮮な気持ちを味わえる面が嬉しいですね。
ただこれまでのOA機器と使い方が大きく変わる可能性があり、事前に確認しなければいけません。