資金が少ない人が起業するときの助けになる

人によって、リースが良いのか購入が良いのか変わります。
費用を安く抑えることを優先するのであれば、リースを選択しましょう。
こちらの方が少ない初期費用で済み、起業するための資金をあまり用意できない人に向いています。
代理店でメンテナンスも行ってもらえるので、出費を押さえつつ、いつまでもOA機器を使える面がメリットですね。

ただOA機器をリースする際は、期限を自分で選択します。
この時に決めた期限が終了するまでは、途中で解約ができません。
無理に解約すると違約金が発生するので、本当にOA機器を使う期間だけを選択しましょう。
ちなみに期間が終わった後に、再び同じOA機器を契約することができますし、最新型のOA機器に切り替えることも可能です。
常に最新型を使いたい人は、1回の契約期間を短く設定しましょう。
最新型のOA機器なら機能が豊富ですので、仕事を円滑に進められます。

購入すると、所有権を持つことができます。
自由にOA機器を使える面がメリットですね。
好きなOA機器を選択でき、絶対にこれが良いと決まっているなら買うことをおすすめします。
また費用を抑えたいのであれば、中古のOA機器を選択肢に加えましょう。
中古なら新品より安く売られており、初期費用を抑えることが可能です。
中には壊れているOA機器を中古だと言って販売するお店もあるので、気を付けてください。
正しく機能することを確認して、購入するかを判断しましょう。

リースと購入でメリットが多いのはどちらか

起業したくても、資金が少ない人が見られます。 それでもOA機器は絶対に必要なので、リースで用意してください。 リースは、OA機器を購入するよりも安く済みます。 メンテナンスがサービスになることが多く、後々の管理が楽です。 さっそく、リースできる代理店を探しましょう。

短い期間を選択しよう

リースでの注意点は、途中で解約できないことです。 OA機器を使用する期間を慎重に見極めてください。 よくわからないはじめのうちは、短い期間を選択するのがおすすめです。 頻繁に最新型のOA機器に切り替えることができ、よりスムーズに仕事が進められます。

OA機器を購入しよう

買う場合は所有権が自分になることや、好きなOA機器を選択できる面がメリットです。 希望するOA機器を扱うリース業者をなかなか見つけられない時は、思い切って購入することをおすすめします。 また買うなら、新品にこだわる必要はありません。 中古は、比較的安く購入できます。