リースと購入でメリットが多いのはどちらか

費用を削減するために

仕事で使うOA機器には、様々な種類があります。
1台で10万円を超える金額の家電もあり、全てを購入すると資金がなくなってしまうかもしれません。
資金が少ない人でもOA機器を揃えて無事に起業できるように、リースという手段があります。

リースとは料金を支払うことで、一定の期間内はOA機器を自由に使える方法です。
購入した時よりも安いので、資金不足で困っている人はリースを選択してみてください。
初期費用を抑えるためには、本当に必要な数のOA機器を借りることがコツです。
コピー機や電話は、それほど多い数が必要ではありません。
社員の人数や、会社の部屋のサイズに合わせて選択しましょう。
安いからといって、あまり使わないOA機器まで借りてはいけません。

サービスにメンテナンスが含まれる

基本的にOA機器は、メンテナンスをしなければいけません。
メンテナンスを怠ると不具合が発生し、正しく機能しなくなってしまいます。
急にそうなると仕事に悪影響を与えるので、定期的なメンテナンスを忘れないでください。
リースをすると、代理店がメンテナンスを担当してくれることが多いです。
プロなので、隅々までOA機器をチェックしてくれると思います。

もしOA機器を買った場合は、自分でメンテナンスをするか、専門の業者に任せなければいけません。
素人がメンテナンスをしても機器の異変に気づけなかったり、業者に任せた場合は高い費用が発生したりするのでおすすめできません。
最初からサービスに含まれていることを確認して、契約しましょう。